忍者ブログ

美大生世界一周旅行記

RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/07/29
01:55
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/28
01:55
アンコールワットの過ごし方。

アンコール遺跡内のヨーロッパ人のおじいちゃんは
若き冒険者かのように、
目を輝かせながら遺跡をくぐり抜けていきます。
奥さんは後ろの方で歩いてます。

外人がミヤザキワールドって連呼してました。

アンコール遺跡は大きなディズニーランドのような広大な場所で、
大小合わせてうん十個ものアトラクション(寺院)があり、
そのアトラクションの前にいる係員さんに
毎回1DAYフリーパス(2000円)を見せて各寺院内に入ります!!
アンコールワットはその中のアトラクション(寺院)の一つです。

カンボジア国旗に記してある寺院です。



注意が必要なのは、アトラクション(寺院)毎の距離が遠いため、
ツアーバスや、トゥクトゥクを利用するとよいでしょう。

トゥクトゥクが遺跡前でお客さんを待ってます。

それでも1日で全て見るのは無理なので、3DAYフリーパス(4000円)か、
7DAYフリーパス(6000円)を買う人もいます。
僕の場合2日で十分だと思ったので、1日券を買っといて、
また行きたいのであれば次の日にまた買うというカタチをとりました。


しかし、ツアー等を使うとお金が多くかかってしまうので、
貧乏旅行者達は住んでるゲストハウスや街のチャリ貸し屋さんで
ママチャリを借り(100円程)て遺跡内を移動します。
チャリ貸し屋さんは探せばすぐ見つかります。

ちなみに僕は朝5時半頃に出て、
夜の8時前くらいにタケオGHに着きました。

自転車の良い所は自分のペースで進めて、
ツアーバスが来ないような隠れた小さな遺跡を見れたり、
自転車を降りてすぐ写真を撮りに行けたりする所だと思いました。

草むらの中にあった。


こんなに建物の写真を撮ったのははじめてで、
一生分撮ったと思うくらいなので明日タイに行こうと思います。
アンコールはもう撮りたくないでッス!!!



あと、あまり知られていない遺跡もあり、
噂ではラピュタのモデルになったとされる
ベンメリア遺跡に行きたかったのですが、
GHから80kmあるし、写真疲れたので辞めました。

見た人たちからよかったという声を多く聞くので、
アンコールに行くなら是非挑戦してみて下さい。
それに、ベンメリア遺跡ならフリーパス無しで500円で入れるらしいのですが、
移動費が,,,,。
人を集めて大勢で行くといいでしょう!!

※イメージ


ちなみに食事は大きな遺跡付近にはたくさんお食事屋さんがあるので、
お腹が空いたらそこでとります。


値段はとても高くメニューには300円~500円を超える物まであるのですが、
150円まで値切れると聞いたので僕も値切ってみたら、
メニューで450円がデザート付きで100円に値切れました。

ご飯を食べていても売り子さんがやってきます。どこにでも表れて、みんな様々な物を売っています。


僕はお昼に自前のサンドイッチを
あまり人が来ないような小さな遺跡で食べたのですが、
格別においしかったです。全然足りなかったけど。

ホントは遺跡でモノを食べては行けないのですが。
遺跡内はとても静かで涼しいです。

あまり見たくなかったなあ


そして彫刻のディテールの装飾やリアルな描写にこだわる中、
いらない情報をのぞき再構成されたデザインを見つけました!!

女性のシンボルです。
穴に石(男のシンボル)がのってる事もあります。


その穴から以前は水が吹き出し、みんな浴びたり飲んだりしていたそうです。





アンコール遺跡の一番良かった所は、『幾何形態が崩れている』という概念でした。
僕はあまり幾何学的なモノが好きではないのですが、
それが崩れている、寂びているという事実が僕を高揚させたのだと思います。





またいつか行きたいです!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
ここまで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ1クリックでランクが上がり、
楽しい日記を明日に繋げられます♪





大学生ランキングも参加中。よろしくお願いします。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら