忍者ブログ

美大生世界一周旅行記

RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/10/20
21:12
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/26
01:20
シェムリアップへ!!

今日はアンコールワットのあるシェムリアップへ行きます!!
レッツ世界遺産!!レッツ遺跡!!!

でもアンコールワットは今日行かないよ!!

プノンペンから北の方に5時間行った所に
シェムリアップはあります。

僕はタケオゲストハウスという日本人宿に向かいました。
目当ては2$のドミトリーと、
タダのランドリーです!!



でもちょうど娘さんの結婚式とかぶっていて、
ランドリーはココ数日お休みでした。ちぇ!!!!



タケオゲストハウスはとても風通しがよくて、
蚊がたくさんいて眠れませんでした。
そして24時に門番が門をしめるので、
夜遊びがしずらいデスね。ちぇ!!

でも日本語のマンガがたくさんあります。
沈没(長期滞在)してしまう!!


食事も旅行者用の値段で、
非常に高く、
高いと行っても100円超えるくらいです。

実は
大変な事に、屋台の食事に飽きが来ました。
それは僕にとって大変な事なのです!!

なぜならば、
もう楽しみが
写真と、夜と、アンコールワットと、、


挙げていくと結構ありました。
大丈夫そうです。


ここシェムリアップはプノンペンよりも治安が良く、
相変わらず夜は怖いです。

でもその怖さが夜を楽しむ醍醐味みたいな感覚が
僕の中にはあります。
それはまるで
噂では聞く秘境を探し求めて
ジャングルを探検し、
初めてアンコールワットを見つけるような!!
冒険心のようなものです。






でも実は
アンコールワットにはあまり期待していないのです。
写真ではよく見ているし、もう秘境ではないという
何か処女性を奪われた感覚に近いです。
それはまるで
ゲイのおじ様が
ゲイではなくノン気の少年を犯したがるあの感覚に近いです。


そしてそれを心のどこかでは
裏切ってほしいというのもあります。
予想以上のアンコールワット。

みなさんは一ノ瀬泰造さんを知っているでしょうか。
日本大学芸術学部写真学科を出て
フリーランスの戦争カメラマンになった方です。

アンコールワット遺跡に内戦中に行った日本人で、
彼はそれ以降消息を絶ちました。
26歳の死、クメールージュ時代のポルポト政権に
殺されました。




かかか観光でいいね!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
ここまで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ1クリックでランクが上がり、
楽しい日記を明日に繋げられます♪





大学生ランキングも参加中。よろしくお願いします。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら