忍者ブログ

美大生世界一周旅行記

RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/10/20
21:28
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/07/06
21:52
鳥葬

今日は鳥葬を撮ってきました。

※あまり気持ちいい写真ではないので、あまり見ないように。

僕たちは鳥葬のある草原へ行きました。

車のトランクの中には一体ずつのご遺体がしまわれております。
異様な空気です。

空には何羽もの鳥が飛んでいたり、


何羽もの鳥が遺体を待ち構えています。


遂行人が遺体を切り刻み、食べやすいようにします。
頭の皮は骨に近いので、
食べやすいように全部切り落とします。

そして準備ができたら、何の合図も無しに、
一斉に鳥達が群がります。


音、匂い、この光景、に鳥肌、
体中に衝撃が走ります。

エヴァで見た,,,

空から雨が降ってきました。
僕は何の震えか分からないまま、
僕はひたすらシャッターをきり続けました。
西欧人は丘のふもとで、見ています。

そしてすぐに帰って行きました。

目の前で何が行われているのか、
実はすごい怒られて、罵声も浴びました。

しかし、僕は霊魂に御礼をつくし、その場で正座をし、両手を合わせました。

鳥達は食事を終え、
遂行人は骨を砕きます。

この人が遂行人

僕は中国語がしゃべれたので、彼らとしっかり話をし、
正当な理由で、一番近くで写真を撮らせてもらいました。
反対側の丘には長い五色旗のようなものが飾られてあります。
毎年遺族の方が取り替えにくるみたいです。


鳥葬の文化は、周りに木が無く火葬出来ないため、
鳥葬にしたみたいです。

そして霊魂は鳥によって、空へと運ばれて行くのでした。
色々な文化の違いを目の当たりにしています。
僕、もしかしたら少しずつ変わっているのかも!!

旅ってスゴいかも!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ここまで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ1クリックでランクが上がり、
楽しい日記を明日に繋げられます♪

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

無題
2009年07月18日土

最初何も考ぇてなくてご飯食べてる途中で見てた…
鷲?

Re:鳥葬
2009年07月18日土

なんか衝撃。
生で見たらすごいんだろうね。鳥でかい!
いやすごい

無題
2009年07月20日月

世界は広いし、グロイねー勉強になりますわ!

Re:鳥葬
2009年07月20日月

福士に聞いて見た。
ブログ炎上させていいか?

8月後半上海にいるか?
バイトしない?

じゃ、古関

とりあえず頑張れ、日本に帰ってこなくてもいいぞ。

Re:鳥葬
2009年07月21日火

人様の葬儀を撮影するのは感心出来ませんね。
ましてやネット上で公開する必然が分かりません。

【参考リンク】
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-196.html

Re:鳥葬
2009年07月21日火

Yukari

ハゲワシ!!
おお食事中はいけませんね.

はなり

生はすごいですよ。
でもエヴァの鳥葬のシーンはもっとすごいですよ。

Re:鳥葬
2009年07月21日火

りょう

でも、見てる時は神秘だよ。リアルな!

Re:鳥葬
2009年07月21日火

古関さん

炎上!!

『古関』の文字が目に入った瞬間
ダースベーダーの音がBGMで流れましたよ!!
嘘です!

8月後半はインドですけど、お金無いので、
もしかしたら上海でバイトしたいです。

じゃあ
日本に帰ってまず新美いきます!!

Re:鳥葬
2009年07月21日火

古関さん

『古関』の文字が目に入った瞬間
炎上!!
ダースベーダーの音がBGMで流れましたよ!!
嘘です!

8月後半はイ

Re:鳥葬
2009年07月21日火

NISHI

忠告ありがとうございます。
僕も写真を載せる際
躊躇う部分もあったのですが、
チベットの文化を伝えたいという気持ちと、
見たままの事をブログに載せたいという気持ちがあったので、
抗議があるのを覚悟してブログを始めました。


『人様の葬儀』とありますが、
チベット文化の表す鳥葬の概念では死体はもう入れ物だそうです。
日本の文化からの見方で感心しないの僕も一緒です。なので、顔や人が判別出来る画像は載せない事にしました。

鳥葬は、
今まで多くの命を奪って来た人間が、
慈悲の心をもって、鳥に体を施すことでもあるのです。
その文化を伝える事はいけない事でしょうか。
そして、報道の禁止は漢族が関わっているみたいですね。
僕は何族か聞かれたときに、
日本人のカメラマンだと言ったら
死体の2体目からは撮らせてくれました。
そこにいる日本人みんなもです。

いやな気持ちにさせてしまってすみませんでした。

無題
2009年07月21日火

葬儀は世界中どこに於いてもすごく重要なイニシエーションで
そういう文化の在り方の違いをじんの写真で記事にするのは、とてーも意義あると思う!

いきなり写真でインパクトだけど
個人差もあるのかな
グロじゃないし敬意があるから、
あたしはぜんぜん不快じゃないす

日本の風葬とか、これに近い情景だったのかなー
知らないもの、見たことないもの、
じんを介して知れるのはうれしい。

Re:鳥葬
2009年07月21日火

はじめまして。mixiのコミュ経由で来ました。
ここまで被写体に迫った写真は初めてです。
珍しい写真をありがとうございます。

死者の弔い方は、国の文化や宗教によってさまざまですね。
死をどうとらえるのかは、生きる意味の根源でもあると思います。

私は、鳥葬という儀式が野蛮なものとは思いません。


Re:鳥葬
2009年07月21日火

はじめまして。mixiからきました。
チベットの鳥葬は撮影禁止になったと聞いていたのですが、なるほどきちんと話をなさった上での撮影なのですね。

グロには滅法弱いのですが、この鳥葬の写真には衝撃を受けたものの、全く不快なものが残りません。むしろ厳かな気持ちが湧くのさえ感じます。
車で乗りつけるというのも、新鮮なショック!(人力、馬力で運ぶのを想像していたので・・・)

はじめてブログを訪れましたが、すごい旅をなさっていると感じました。体験を分けてくださってありがとうございます。
旅人様に敬意を表して。

Re:鳥葬
2009年07月22日水

しおり

僕はイニシエーションを覚えました。
日本には風葬という文化があったのですね。
すごい。

どんどん写真を撮って行きます。


とらうま

そうですね。本当葬儀となると、十人五色くらいの見方がありそうですね。
ちなみにチベットでは五色旗という旗があって、
それぞれ意味があるみたいですよ!


はにゃ

敬意!
なんだか申し訳ない気持ちになりますね。

僕写真を撮っている時に一度もグロいと、
思わなかったので、それが写真に表れててよかったです。
こういうコメントをもらえると、
旅をしていて、いい写真を撮りたいと思うようになります、ありがとうございました。

Re:鳥葬
2009年09月14日月

初めまして、mixiから参りました。
死を受け入れ、死者を送り出すための、神聖な儀式と、頭では理解していたつもりですが、この写真の前では、圧倒されてしまいますね。

理屈など太刀打ち出来ない、圧倒的な迫力を感じました。

天葬・鳥葬
2011年02月10日木

はじめまして、だんごむしといいます。

天葬について調べているうちに貴ブログに辿り着きました。
僕は火葬場で働いており、「死」についてよく考えさせられます。

記事内の写真も現地の生の雰囲気が素晴らしい写真ですね。(不謹慎でしたらすいません)
また寄らせて頂きます。

  • URL
  • 火葬場日記管理人@だんごむし
  • 編集

Re:鳥葬
2011年02月10日木

自分に酔いしれてるただのksに過ぎんw
ごめんやけど、貴方の写真からは何のエネルギーが感じられない・・・。

Re:鳥葬
2011年05月24日火

貴重な映像を拝見させていただきました。ネットの検索で鳥葬を調べていて辿りつきました。

この投稿には賛否両論あるようですね。僕は貴方が「僕は霊魂に御礼をつくし、その場で正座をし、両手を合わせました」という記述から、おもしろ半分ではないと思ってますので、いいんじゃないかと思いますよ。

mljkbppf
2011年08月31日水

DHhjgq <a href="http://clictjqgbgdn.com/">clictjqgbgdn</a>, [url=http://uygtzzdsbowz.com/]uygtzzdsbowz[/url], [link=http://cknkbeokyfpq.com/]cknkbeokyfpq[/link], http://yvdmzoifuhgn.com/

Re:鳥葬
2011年11月23日水

鳥が人を食べ 人が鳥を食べる そうやって世界が回っているだけのこと

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら