忍者ブログ

美大生世界一周旅行記

RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/09/24
08:34
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/10/21
01:35
悪名高きスノウリ越え!!

今日はスノウリを通ってインドに向かいます!!



スノウリと言えば、あの強盗で有名な悪名高い街です。
前回僕も遭遇したし、
バラナシで10人以上の人に話を聞いたら、
全員強盗されたと言っていたくらいの場所です。
そういえば、一人だけ無事な人がいたな。
一人平均50ドル盗られてます。

強盗されないポイント。
1、西洋人と一緒にスノウリを越える。
2、イミグレ以外でパスポートを見せろと言われても見せない。
3、ツーリストオフィスに連れられそうならついて行かない。
※女の子は簡単に通れる事が多くて、男の方が狙われる。




朝7時にニューバスターミナルから
インドに抜けるネパール国境に向かいます。
今回の僕の作戦は、
日本人を襲う確立が高いので、
西洋人と仲良くなって、強盗を回避する作戦です。

そしてローカルバスにアイリッシュの男がいたので、
彼と仲良くなりました。
西洋人の人は行動がはっきりしていて、
勝手に荷物を持ってリクシャーに向かおうとする人がいると
どつきます。

そしてリクシャで国境まで向かい、
リクシャとさよならをしました。

実はココ大事!!!
前回リクシャの人にネパールからインド国境を越えて
そのままツーリストオフィスに連れて行かれました。
そしてアホみたいに高いバスのチケット(一人40$くらいの)を買わされたのです。


リクシャはここら辺の国境を出入り出来るので、
今回はそのまま連れて行かれないためにも、
イミグレでおさらばしました。
ちなみにここまでインド100Rです。

インドに入る入国手続きをしてから
ローカルのバス停まで歩きます。
そしてローカルのバス停に付いたら

案の定
いました!!!

ドンキーとワリオ!!

ワリオがまたそのツーリストオフィスに連れて行こうとしています!!
バラナシに行きたいならココでチケットを買え!!
バスに乗りたいならここでチケットを買え!!って。

でもバスのチケットはバスの中で買えるし、
鉄道のチケットは駅で買えるので、
僕たちはシカトしてバスの中に入りました。
そしてドンキーがバスの中に入ってきて、
『お前パシポートを見せろ』と言ってきました。
『なぜだ』って聞くと、忍者みたいで怪しいと言ってきます。
確かに僕は日本人とバレないように目だけ出して、
他はタオルで隠してました。

しかしパスポートを出したら
もうお金を払わないと返してくれないので、
僕はNOを連呼しました。

今回も前回同様
ゴーダクプルまでバスで行って、
そこから鉄道でバラナシに向かうコースです。

ゴーダクプルに行っても何も無いぞと、
ドンキーが言ってきて、
そしたらアイルッシュ人が、
そこからバラナシに向かうチケットを駅で買ってバラナシに行くんだよ!
と強めで言ったら、
少しブツブツ言ってから帰って行きました。

外のツーリストオフィスの電気は消えて、
ワリオとドンキーも今日の仕事は終わりって感じでした。


おおお!!
無事にスノウリ通過!!!!!
アイリッシュとゲラゲラ笑って
良かったなー!!って!!
僕たちはインドではまるでケーキみたいだねって
話をしてまたゲラゲラ!!
時間は7時半で最終バスでした。


ちなみにバスの切符はインド55R(110円)。
前回は4000円近くお金を払いました。
あいつら、、、、。



日本人ばっか狙われてて、
こんちくしょです!!!
もう金を奪われないように日本人!!!


現場ー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ここまで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ1クリックでランクが上がり、
楽しい日記を明日に繋げられます♪



blogram投票ボタン
こっちもおまけに☆
日記の見所が書いてあるよ♪




PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:悪名高きスノウリ越え!!
2009年10月28日水

えっ!俺襲われなかったから
一人だけ無事な人って俺のこと??
とにかく、二回目の国境越えはワリオとゴリラにやられなくてよかったね!

Re:Re:悪名高きスノウリ越え!!
yes!!
2009/10/28 02:52

Re:悪名高きスノウリ越え!!
2009年10月28日水

Re:悪名高きスノウリ越え!!
2009年10月29日木

日本人弱っ!!
そして、強いな西洋人。

僕は黒人になりたいよ。

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら